スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天才悪魔フー・マンチュー 

をみた。

1980年 アメリカ
ピアス・ハガード監督



悪の怪人フー・マンチューと
宿敵スミスの対決。


ネタバレ注意


1933年。
フー・マンチュー168歳の誕生日。

使用人が長寿の秘薬エレクシルを零した。

これを飲まないと寿命が尽きるようで、
新しいのを作るために原料を集める。

原料のダイヤを盗むのだけれど……。

フー・マンチューに頭を悩ませていた警察に、
かつての宿敵スミスが呼び出されて、
知恵比べが始まる。


コメディー映画とあったのに、笑えないw
笑えないけれど、このノリは嫌いじゃない。
チープさがたまらないw


なんだかんだで、フー・マンチューは
エレクシルを完成させ若返る。

スミスは力及ばずでガックリしている。


エレクシルを受け取ったスミスは、
どうするのかな?


エルヴィス・プレスリーのような格好で
ステージに立ち、「粉砕」と
歌い続けるフー・マンチュー。


よくわからない終り。
なんだろうこの映画。

わからないけれど、
なんとなくおもしろかったw


フー・マンチューとスミスは
ピーター・セラーズという役者さんの
一人二役だそうです。

「オースティン・パワーズ」みたいだw

スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Re:すずっちさん

拍手とコメントありがとうございます^^

不思議な魅力のある映画ですよねw
ラストシーンが強烈に印象に残っていますw
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
プロフィール

未設定

Author:未設定

スポンサーリンク
最新トラックバック
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
フリーエリア
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。