スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テガミバチ REVERSE 第25話 「「こころ」の光」

をみた。

 

最終話。


ネタバレ注意


人工太陽を目指し飛んでいくカベルネ。
Dr.サンダーランドJr曰く、
人工太陽が落ちたら世界は闇に。

目を開けたノワールに、
みんなに希望を届けろと促されて
カベルネを倒すために立ち上がるラグ。
再び目を閉じたノワール。
ラグの嘆きっぷりがまるで……。

ニッチ姉にお願いして摩訶に乗ったラグは、
人工太陽のような強い光を放つ。

「やはり人の形をした……」と呟いたニッチ姉。

ラグの光に引き寄せられ、カベルネが戻ってきた。
夜想曲第二十番とジムノペディの
二丁心弾銃でカベルネを一撃粉砕して、
ラグも倒れた。


ベッドで目を覚ましたラグを心配そうに
覗き込んでいたシルベットとニッチ。
なかなか目覚めなかったそうです。
ノワールも現れて軽く驚くラグ。
やっぱりあのときラグはノワールが
身罷られたと勘違いしていたのですって。

ノワールは精霊になれなかった者たちと
生きる宣言。

街のはずれでみんなでお別れ。
ノワールの抱擁と僕たちは友達発言に
泣いてしまうラグ。
私も泣けた。。。

「さよならゴーシュ」とアリアさん。
「元気でね、お兄ちゃん」とシルベット。

旅立つ精霊になれなかった者たち。
振り返ったロダがつぶいた
「友達」は、ラグのこと?
それともニッチ?シルベット?

柔らかい表情で笑うようになった
ノワールがいいなぁw
ゴーシュとしての記憶は消えてしまっても、
本質は変わらないのですね。
ラグを抱擁して友達と言うところなんて、
ゴーシュがラグとお別れしたときとそっくりw

「妹を頼む」とラグに告げて、
摩訶と飛び立ったニッチ姉。
ラグが起き上がれるようになるまで
待っていてくれたのですねw

生きていたガラードとバレンタインは、
政府の役人にみつかる前に逃亡するそうです。
これからどうなるのかわからないけれど、
略奪者(マローダー)は廃業とか。

そしてそれぞれ日常に戻っていく。


失くしたこころを取り戻す研究中の
Dr.サンダーランドJrと助手のハントさん。
はりきるハントさんに
休むよう諭すDr.サンダーランドJr。

ハントを迎えに来ていたサラさんが、
やり直すために人の役に立ちたいと言う。
2人ともw

サニーがクッキーを焼いて持ってきた。
表情があるよ!?喋っているよ!?
手も洗わずにクッキーをつまんだ
Dr.サンダーランドJrを窘めて、
「うまい!」の声にうれしそうに微笑んだよw

まだ自分が誰なのかわかっていないそうだけれど、
こんなに回復したなんて。。。
よかった(涙)


配達に向かうザジとコナー。
コナーの大切な人がサニーだと
今まで気づかなかったザジに驚きだよw
そんなザジの大切な奴らはやっぱり猫w


一時的とはいえ、リバースに加担していたことに
お咎め無しでビフレストに戻ることになった
シグナルとシグナレス。
ラルゴの尽力と言っていました。
館長w


ロイド館長がアリアさんの呼び声にも
気づかず夢中で読んでいる本は、
今売れているあの日の出来事を書き記した
ヴィンセント・オルコットの著作w

アリアさんが持ってきた手紙には、
精霊になれなかった者たちが
ブルー・ノーツ・ ブルースで暮らすことが
決まったとか。

みなさん幸せになれるといいなぁw

館長とアリアさんもラグの正体に
うすうす気づいている様子。
本人はまったくそれを知らず今日も元気に配達。
それがテガミバチの仕事ですからw


今日のは少し味付けを変えた自信作、と
ラグ涙目のシルベット特製ゲボマズスープの
お弁当を持って手紙を届けています。



いいアニメでした。
3期があるといいなぁ。

オリジナル展開を見せた2期の続きも観たいし、
原作が終わる頃には
原作遵守のアニメも観たいなぁ。

大好きな作品でしたw



本をペタリ。

 


こんなのみつけた。

  

スポンサーサイト

テーマ : テガミバチ REVERSE
ジャンル : アニメ・コミック

テガミバチ REVERSE 第24話 「決戦!ユウサリ中央」

をみた。

 

迎え撃て!


ネタバレ注意


ラグ、ザジ、ノワールの
同時攻撃の心弾が効かない。

カベルネに隙間は無かった。
前回ステーキの様子がおかしかったのは
隙間を発見できなかったからのようです。

心弾をものともしないカベルネは
ユウサリセントラルを目指す。


その頃、街ではみなさん避難中。
ラグの初仕事?の1期第11話「嘘テガミ」の
小説家さんもチラリと登場。
カベルネのことを書き記しておくのですって。
もしかしてこれでベストセラー作家に
なれるのかな?w


こころが込められた手紙が集まるハチノスに
精霊になれなかった者たちを拘束させた
というロレンス。

ロレンスの策略を利用して、
精霊になれなかった者を治療したりしていた
Dr.サンダーランドJrたち。

シグナルとシグナレスは
やっぱりいい人たちだったw

カベルネを止める策はあるのかとガラードに
問われたアリアさんの「無論です」という
力強い答え。

空から摩訶とニッチ姉がやって来た。
ロイド館長が頼みに行っていたのですってw

カベルネと摩訶の戦闘はスペクタクルですわw

ラグたちが駆けつけたとき、
ガラードが懐から精霊琥珀の瓶を取り出して割る。
精霊の琥珀の欠片の粉があたりに舞い、
地中から鎧虫が大量に出てきた。

「ここは任せろラグ!カベルネは頼んだぞ」
って、ジギー・ペッパーかっこいい!w

戦闘の衝撃で高台から落ちそうになった
シルベットを助けたのはロダ。
ディンゴとしてノワールの元へ向かう。

隙間の無いカベルネ。
消えてしまったゴーシュ。
ニッチまで消えてしまったらと弱気になるラグ。

あきらめずに戦い続けるニッチは、
ラグとずっと一緒だと答える。
そして、ゴーシュはここにいる。
ノワールでありゴーシュだとラグに伝える。

ニッチの言葉で元気になったラグ。
ゴーシュは消えてしまったけれど、
おかあさんのこころを届けてくれたテガミバチ。
あの日憧れたテガミバチは変わらない、
とラグはノワールに告げる。

戦いの最中ニッチのピンチを救ったロダは、
ニッチにディンゴ失格と言ったことを取り消したw
仲直りですねw

摩訶も苦戦する強さのカベルネ。
街の人たちが捕まりだして大変なことに。

ニッチとニッチ姉の強力攻撃で傷ついた箇所を
狙ってラグとノワールが心弾を放つ。

カベルネは倒れ、喜びに沸く人々。

めでたしめでたしかと思ったらロレンスが現れ、
精霊になれなかった者である自らのこころを
カベルネに差し出した。
カベルネ復活。
羽を生やしたカベルネは人工太陽へと向かう。

ラグをかばってノワールが負傷。
流れる血。

ノワールの名前を呼び続ける
ラグの叫びはまるで最期のよう。
まさかね……。


そういえば、ノワールは断っていたけれど、
館長はノワールをハチノスに
戻す意向があったみたい。
懐の広い人ですねw



Tシャツをペタリ。

  

テーマ : テガミバチ REVERSE
ジャンル : アニメ・コミック

テガミバチ REVERSE 第23話 「アカツキにて」

をみた。

 

ラグ母のこころ。


テガミバチ


ノワールが精霊になれなかった者たちの行方を
尋ねるも、ガラードたちは答えず。
知らないと言う。

ノワールがガラードたちに銃を向けると、
ラグが立ちはだかり、ニッチもそれにならって
「人はいけません」と立ちふさがる。

失われたこころが戻らないなんて信じない、
とノワールに心弾銃を向けるラグ。

カベルネの移動で地割れが起き、
どさくさに紛れてガラードとバレンタイン逃走。

地割れに落ちていくラグを助けようとして
一緒に落下したノワール。


地底での会話。
僕はもうゴーシュではない。
失ったこころはもう2度と戻らない。
僕にはかつての心は必要ない。

悲しいことを言う……。。。

それでもあきらめきれないラグ。

ノワールの心弾がみせたこころの欠片には、
ゴーシュノ記憶はなく、
ノワールの記憶だけがあった。

ラグが涙をみせたとき……。


アカツキでゴーシュがラグ母こと
アヌ・シーイングと出会っていた記憶。
白い部屋、白い服のラグ母。
人工太陽のそば。

ラグは友達と言うゴーシュ。
ラグに会いたいと涙を流すラグ母。
テガミバチとしてラグ母のこころを
届けると言うゴーシュ。
貴方のこころが奪われるのを止められない
とゴーシュに謝るラグ母。

この光景はいったい?
ラグ母って何者?

ノワールの記憶の片隅にあった
寂しそうな女性の記憶。
それはラグ母の記憶だった。

あらためて、
もうゴーシュ・スエードという人物はいない
と言うノワール。
ラグも理解したようで、
もうゴーシュとは呼ばずノワールと呼んだ。


地上に戻り、ラグ、ザジ、コナーとノワールで
カベルネを倒すことに。

コナーの心地雷で地上におびき出したカベルネは、
以前より大きくなってパワーアップしていた。

戦いに向かうラグにステーキの異変を
訴えるニッチ。
ステーキになにが?



こんなのみつけた。

  

  

テーマ : テガミバチ REVERSE
ジャンル : アニメ・コミック

テガミバチ REVERSE 第22話 「帰りたい場所」

をみた。

 

シルベットのこころ。


ネタバレ注意


残してきたシルベットを心配するラグ。
シルベットはラグの100倍強い、
と言うニッチw

ゴーシュがいなくなってからは
ちょっと弱いがそれでも強いそうですw


精霊になれなかった者たちを救おうとする
ノワールが頼りにしたのは、
武器とパンの店シナーズ。

ノワールをスエードと呼び、
詮索することなく心弾銃を渡してくれ、
「人生は命と心あっての物種」と
気遣ってくれる。

ジェイコブさん、いい人だw


シルベットとの偶然の出会い。
心が戻らなくてもお兄ちゃんはお兄ちゃん。
もうゴーシュ・スエードとして生きることは
できないの?の問いに
「すまない」と返すノワール。

悲しいだろうに
笑顔で納得してみせるシルベット。
お兄ちゃんは頑固だから、と。
大切なものがあるんだね、と。

ずっとお兄ちゃんの妹だからと言うシルベット。
いつでも帰ってきていいんだからね、と。

シルベットを優しく抱きしめるノワール。
「いってらっしゃい」を言う涙声のシルベット。

シルベット。。。
健気だよ(涙)
強い子だよ(涙)


これを食べると元気が出る、と
コナーが分けてくれたサニーのクッキーも
涙を誘う。

対カベルネ戦を前に、
ラグの心弾銃が弾丸で弾かれた。
ガラードとバレンタインの登場。

バレンタインとニッチの戦い。
ニッチ苦戦中。

ザジを先に行かせ、ガラードと対峙するラグ。
どうして、のラグの問いに答えるガラード。

アカツキで人工太陽に死にたくないともがく
人々のこころを届けて絶望したそうです。

よっぽど壮絶な体験だったのでしょうね。。。


ハチノスでは、
リフレストのシグナルとシグナレスが
行方不明と報告を受けていたアリアさん。
失くなった鍵との符合。
相談しようにも館長は不在。

もう一人の相談相手
Dr.サンダーランドJrの部屋へ。

と、そこには
行方不明中のシグナルとシグナレス。
カベルネの人柱にされるために移送されていた
精霊になれなかった者たちがいた。

あなたにも手伝ってもらう、と
肩をたたかれたアリア・リンク。

前回ノワールに親切にいろいろ教えていたのは、
こういうことだったのですねw


祈りの丘で交戦中のラグたち。
出てきた鎧虫はカベルネではなかった。
ガラードたちによる罠でした。

次々と鎧虫に捕まるザジ、コナー、ラグ。
心弾を放ち助けてくれたのはノワールだった。


公式サイト
最終回アフレコ終了インタビューが
掲載されていました。
終わってしまうのですね。。。



こんなのみつけた。

  

テーマ : テガミバチ REVERSE
ジャンル : アニメ・コミック

テガミバチ REVERSE 第21話 「ロレンスの野望」 

をみた。

 

カベルネ討伐の日。


ネタバレ注意


メンバーはラグ、ザジ、コナーの3人。


無理しないでと言うシルベットに
約束できないと答えるラグ。
正直だね。
シルベットはなにか言いたそうだけれど、
ゴーシュのこころを取り戻そうと
意気込むラグになにも言えなかった。

点滴を受け眠っているサニーを
Dr.サンダーランドJrに託すコナー。
サニーのこころ回復するといいね。

ロイド館長は、こんな日に出張。

鍵がひとつ失くなっていることに
気づいたアリアさん。


リバース賛同者提供の
豪華な屋敷に潜伏するロレンスたち。

ノワールに後悔してる?と訊ねるロダ。
心は決まっていると答えるノワール。
突然ロダの腕が木のようになって苦しみだした。

ロレンスから鍵を渡され、
ゲートキーパーの2人を連れてくるように
命じられたゴーシュ。

元BEEで瞬きの日に飛行船に乗っていたことは
第14話で明かされていたけれど、
政府から与えられたゲートキーパーの仕事は
2人を監視するためのものだったことは初耳。
目と弟を失って政府の監視下に置かれている
状況だったとは……。

ゲートキーパーのシグナルとシグナレスから
精霊になれなかった者たちはカベルネを呼ぶ
人柱だと聞かされ驚くノワール。

政府が人工太陽の安定を図って
精霊をつくろうとして失敗したものが、
精霊になれなかった者たちで、
人間よりも強いこころの力を持っているとか。

アジトでロレンスに詰め寄り
計画の真相を聞いたノワール。
すでに移送された精霊になれなかった者たちの
なかにはロダも……。

裏切り者として銃撃され逃走するノワール。


ガスが地中のカベルネの痕跡を発見。
セントラルに向かうカベルネを先回りして、
祈りの丘で迎撃することにした3人。

リバースにみつかってますよ。
ガラードとバレンタインが向かっていますよ。


精霊になれなかった者たちを犠牲にすることを
厭わないほど政府を恨んでいる
ゲートキーパーの2人なのに、
ノワールにいろいろ教えてくれたりして
親切だなぁ。

精霊になれなかった者たちを
犠牲にすることをよしとしないノワール。
やっぱりゴーシュなのでは?
なんて思ってみたり。

出張中の館長もあやしい。
単独行動でなにかをするつもりなのかな?



こんなのみつけた。

  

  

テーマ : テガミバチ REVERSE
ジャンル : アニメ・コミック

テガミバチ REVERSE 第20話 「希望の微笑み」

をみた。

 

コナーとサニー。


ネタバレ注意


ラグに心弾を撃たれて
バラバラになったカベルネは、
地中に逃げたと館長たちに報告。

Dr.サンダーランドJrが、
地中で傷を回復して復活する可能性を指摘。

地中のことなら、とザジが
コナーとガスの名前を出す。

で、ラグがコナーにカベルネ捜索の応援を
要請に行くことに。

シルベットはコナーの事情を
知らなかったのですね。
ラグにラメントの町の出来事を聞いて、
コナーのためにはりきって
スープを作り出しちゃったw


ラグとニッチとステーキはラメントの町に到着。

人気の無い町で花を運ぶガス。
ついて行くと一面のお墓。
コナーと再会。

カベルネに「こころ」を喰われた人たちの
お墓だそうです。
みんなコナーが埋葬したとか。。。

館長からの手紙で
カベルネが生きていることを知っても、
一緒には行けない、と。


「こころ」を喰われて、
なにを話しかけても届かないサニー。
機械的にクッキーを作り続ける。

ハチノスでDr.サンダーランドJrに
診てもらえば、というラグの提案も却下。

心を失った人の最期は覚悟している、
とコナー。

最期まで一緒にいて
クッキーを食べてあげるのだそうです。。。

自分は行けないけれどガスを連れて行って、と。

ディンゴはいつも一緒、ガスは悲しみだ、
とニッチ。
命令だからラグについて行こうと
していたけれど、ガス(涙)

クッキーを持って建物の外まで
追いかけてきたサニー。
ニッチとステーキが差し出されたクッキーを
美味しそうに食べる。
と、サニーが笑った!?

元気だった頃のサニーは、人が美味しそうに
食べるのを見るのが幸せだったとか。

今のサニーの姿がつらくて、
美味しそうに食べることができなかったコナー。

サニーに「こころ」が残っていることがわかり、
みんなでハチノスへ行くことに。

帰路の馬車の中。
ラグはシルベットのゲボマズスープを
コナーに差し出すw
持ってきていたのねw


サニーに少しでも心が残っていてよかったw
治るといいねw
元気なサニーに戻るといいねw

泣けた!



こんなのみつけた。

  

テーマ : テガミバチ REVERSE
ジャンル : アニメ・コミック

テガミバチ REVERSE 第19話 「悪意でなく、憎悪でなく」

をみた。

 

青棘。


ネタバレ注意


ザジの心弾に反応してカベルネが目覚め、
心弾を浴び続けたジールが捕らわれる。

ザジ、なかなか策士ですな。

憎しみを力に変えろ、とロレンスの言葉に
翻弄されていたラグも駆けつける。

ラグの問いに「大丈夫だ」と答えたザジ。
血だらけで全然大丈夫に見えませんw

溢れ出たジールの心を見た2人。
たまらず駆け出したザジは、ジールを助ける。


断崖絶壁を登るラグ、ザジ、ジールの3人。
命の助け合いで友情のようなものが生まれる。


崖の上にたどりつき、待っていたガラードに
テガミバチを葬ることを命じられるジール。

新たに仲間になった
子供の精霊になれなかった者の姿を見て、
憎しみを捨てられぬ、とザジたちを
崖下へ突き飛ばす。

ヴァシュカとニッチに助けられたザジとラグ。

立ちふさがるバレンタインをニッチに任せて、
ラグとザジはジールと対峙。

戦いを止めようとするラグ。
お互い引かないザジとジール。

ザジが放った青棘には、
友達を撃たなければならない
悲しみが込められていた。

心弾が効いてるジールは
後ろからガラードに撃たれて……。

心の残量が残り少ないザジは、
ラグにカベルネのことを任せる。


ゴーシュに銃口を向けるも
心弾が装填されないラグ。

銃で弾かれた夜想曲第二十番。

ラグのカバンのなかで
ゴーシュのジムノペディが光り、
心弾が装填された。

ラグの撃った心弾は
ゴーシュをかばったロダにあたり弾け、
カベルネに。

ゴーシュが教えてくれた急所、羽の付け根。
カベルネはバラバラに。

ラグが振り返ったときにはもう、
ゴーシュたちはいなくなっていた。


「自分を信じろラグ!自分の心を!!」
今回ザジ大活躍ですw

ラグが心弾銃を使えるようになったのは、
ザジの言葉だけじゃなく、
ゴーシュの精霊琥珀がついているから
もあるのかな?

ジールは助かっているといいなぁ。



こんなのみつけた。

  

テーマ : テガミバチ REVERSE
ジャンル : アニメ・コミック

テガミバチ REVERSE 第18話 「喪われた心弾」

をみた。

 

カベルネ発見。


ネタバレ注意


Dr.サンダーランドJrとアリアさんが、
ノワールがゴーシュを演じていたと
話しているのを聞いてしまったシルベットは
ショックを受ける。
シルベット。。。


シャーク岬付近でカベルネ目撃情報を
入手したザジ。
ヴァシュカにハチノスまでおつかいを頼み
応援を待つことに。

崖から落ちそうな子供と鎧虫。
ザジは鎧虫の退治を優先、
子供がつかんでいた場所が崩れて落下。
一部始終を見ていた人が
助けに来てくれたけれど、この人は……。

去っていくその人物を追いかけるザジ。


ノワールとロダは、
ガラードとバレンタインに連れられ
精霊になれなかった者が流れてくる川の
上流を目指す。

廃棄された研究所。
屍が積み上がる精霊になれなかった者の墓場で
生き残りを探す。

かすかな声を頼りにノワールが2人発見、
救助する。


謎の人物を追いかけていたザジは、
リバースの拠点とカベルネをみつけた。

先ほどの人物と再会。
精霊になれなかった者、
マローダーのジール(CV櫻井孝宏さん)

バトルが始まる。
ザジの悪意と憎悪の心弾・青棘(アオトゲ)は、
政府に対する強い憎悪を持つジールには
効かないそうだ。

マウントポジションからフルボッコにされるザジ。

心弾からザジの心を見たジールは、
敵じゃなければ友達になれたかもしれない
なんてことを言っていた。
崖から落ちた子供を助けてくれたり、
根はいい人なのだろうなぁ。

狼のジールに、猫派だからと断る
ザジのユーモアが好きだw


ヴァシュカの案内で、
カベルネのところに辿り着いたラグとニッチ。
ラグの心弾が装填されなくなってしまった。

ロレンスが現れ、ラグの迷いを指摘する。



こんなのみつけた。

  

テーマ : テガミバチ REVERSE
ジャンル : アニメ・コミック

テガミバチ REVERSE 第17話 「嘘と真実」

をみた。

 

ラグへの手紙。


ネタバレ注意


ゴーシュはゴーシュ。
ゴーシュはノワール。
かみあわないラグとニッチ。

通り過ぎた馬車の窓に
ガラードとバレンタインの姿を見たラグ。


表向きゴーシュを連行しに来た2人は、
ハチノスを乱暴に捜査中。

好き勝手暴れまわるガラードとバレンタインに、
館長不在のため副館長のアリアさんが
勇敢に立ちはだかる。

バレンタインに攻撃しようとしたニッチ。
ラグの「人はいけません!」で攻撃が……。
アリアさんの服が色っぽいことにwww

ハチノスでゴーシュがみつからないので、
シルベットを尋問すると言うガラードたち。

ニッチの近道で先回りしたラグは
シルベットの服を着て入れ替わり、
連れて行かれてしまった。


ガラードたちがマローダーだと情報を得た
ラルゴ館長は、ラグの身を案じて
ジギー・ペッパーにラグへの手紙の配達を
依頼する。


歩くのが辛そうなロダをおんぶするノワール。
アジトに戻ったけれど、無人。

戻ってきたガラードとバレンタイン。
すっかりシルベットだと思い込んで
連れてきた人質の前で、
バレンタインが自分たちの正体を喋ってしまう。

驚いて立ち上がったのでラグの正体もバレたw

緊迫した場面での
バレンタインの赤面がおもしろいw
女装ラグがかわいかったんだwww

車椅子がニッチになった!?
ニッチは車椅子に化けていたのですね。
スゴイ!w


リバースに戻ろうとしているノワールは、
手紙弾に込められていたラグの記憶の
ゴーシュを演じていただけだと語る。

Dr.サンダーランドJrの杞憂が……。

シルベットの特製スープを
不味いスープなんて……。


号泣するラグに、
「心より大切なものがあることを
君は学ばなければならない」と。


確実に殺せる武器を、とガラードに銃を借りて
ノワールがラグとニッチを攻撃。
崩れた瓦礫の下に埋もれるラグとニッチ……。

ジギー・ペッパーが来たので、
早々に立ち去るガラードたち。
信用を得て、ノワールはリバースに戻ることに。


ノワールたちが去った後、
瓦礫の下からニッチに守られてラグ生還。

ラグとニッチを連れて
ハチノスへ戻るジギー・ペッパー。

ゴーシュが心弾銃を使わなかったのは、
本当の心を見せたくなかったからじゃないか、
と。
いいことを言ってくれるw
ジギーさん、カッコイイw

館長から託されたラグへの手紙は、
ジギー・ペッパー本人だったw
ラグを助けるために派遣されたそうです。
館長……w
速達専門のジギーさんは仕事が速いw


ラグもニッチも無事でよかった。
これもゴーシュが、ニッチが絶対にラグを助ける
と信じての攻撃だったと思いたい。

ノワールと名乗っているけれど、
本当はゴーシュだと思いたい。
心より大切なもののために
そうしているのだと……。

ノワールと呼んでもいいかと訊ねる
ロダが健気だったなぁ。

ハントさんとサラさんは、
これからも出番があるのかな?w



Tシャツをペタリ。

  

テーマ : テガミバチ REVERSE
ジャンル : アニメ・コミック

テガミバチ REVERSE 第16話 「ロダ、彷徨う」

をみた。


 

消えたゴーシュ。


ネタバレ注意


ゴーシュがいなくなったと
ハチノスへやって来たとラグは、
Dr.サンダーランドJrの元で
ハントさんと再会する。

博士の助手をしているそうですw
サラさんは日雇いディンゴの斡旋所で
働いているとかw


ノワールとはぐれてボロボロのロダは、
偶然サラさんとハントさんに助けられていた。

前回のラグのディンゴとして
付き添うゴーシュの姿を陰から見て、
ショックを受けていた様子。

ロダがディンゴだと聞いて、
サラはロダを斡旋所に連れて行く。


ゴーシュを探すラグは、
サラの所にもやって来た。

斡旋所の片隅でラグたちの話を聞いたロダも
こっそり出て行く。


ロダの回想。
川辺に倒れていたノワールを
最初に見つけたのはロダだそうです。
ノワールにお礼を言われて頬染める。
誰にもノワールを渡さない、と言うロダは
もしかして?w


ラグとシルベットの悲しみを
ディンゴとして喜びに変えようと、
ゴーシュを探すニッチ。


ニッチとロダが遭遇してバトルが始まった。
強くなったニッチに苦戦するロダ。

ピンチのロダをかばったのは
黒ずくめのゴーシュだった。

帰ろうと言うニッチに、
「僕はノワール」と告げ、
ロダをお姫様抱っこして去っていった。

後からやって来たラグに、
ニッチは言う
「あれはゴーシュではない、ノワールだ」と。



ノワールと名乗っていたけれど、
どうにもゴーシュっぽい気がする。
なにか事情があってノワールのふりをしている、
と思いたい。

ラグも言っていたけれど、
サラさん明るくなったなぁw
ハントさんもサラさんも、
2人ともよかったねw



こんなのみつけた。

 

テーマ : テガミバチ REVERSE
ジャンル : アニメ・コミック

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
プロフィール

未設定

Author:未設定

スポンサーリンク
最新トラックバック
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
フリーエリア
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。